職員室をIT化 文科省、新校務システム導入へ 切れ目ない指導にも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
学校(写真はイメージ)=ゲッティ
学校(写真はイメージ)=ゲッティ

 アナログな職員室をデジタル技術で変える――。長時間労働が問題化する公立小中学校教員の働き方改革などを進めるため、文部科学省は、子どもの欠席連絡や成績管理などの学校業務を教員が手元のパソコンで一元的に扱える新たな「校務支援システム」を導入する方針を決めた。全国で仕様を統一し、子どもが転校する際も迅速にデータを引き継いで切れ目ない指導につなげる。2023年度予算の概算要求にモデル事業などの経費10億円を盛り込む。関係者への取材で判明した。

 公立学校では児童・生徒の欠席連絡を電話で受けたり、教員が個人で使えるメールアドレスがないために紙で印刷して文書を共有したりするケースがあるなど、校務のデジタル化が遅れている。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1101文字)

あわせて読みたい

ニュース特集