特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

情熱のギャング、真風涼帆が好演 宙組「HiGH&LOW」開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宝塚歌劇宙組公演「HiGH&LOW」。コブラ(左、真風涼帆)はカナ(右、潤花)をバイクに乗せて街を巡る=兵庫県宝塚市で2022年8月26日、梅田麻衣子撮影
宝塚歌劇宙組公演「HiGH&LOW」。コブラ(左、真風涼帆)はカナ(右、潤花)をバイクに乗せて街を巡る=兵庫県宝塚市で2022年8月26日、梅田麻衣子撮影

 宝塚歌劇宙(そら)組公演のミュージカル「HiGH&LOW―THE PREQUEL-」(野口幸作脚本・演出)が27日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で開幕した。人気グループ「EXILE」などが所属する「LDH JAPAN」とのコラボレーション作品。トップスター真風涼帆(まかぜ・すずほ)が若きギャングを品を保ちながらも情熱的に演じ、「宝塚×LDH」の異色タッグを好舞台に導いている。

 HiGH&LOWはLDHが手がけるプロジェクトで、2015年からテレビドラマシリーズ5作や映画7作などが展開されてきた。5チームのギャングが勢力を伸ばす「SWORD地区」と呼ばれる街を舞台に、男たちの闘いと友情が描かれる。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文784文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集