特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

駐留米軍のアフガン撤収「反対した」 当時の米中央軍司令官

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カブール国際空港の警護に当たっていた米海兵隊=2021年8月20日、海兵隊提供・AP
カブール国際空港の警護に当たっていた米海兵隊=2021年8月20日、海兵隊提供・AP

 昨年8月のアフガニスタン駐留米軍撤収完了時に米中央軍司令官だったマッケンジー氏は28日、FOXテレビで「撤収に反対だと助言したし、今もそう考える」と述べた。小さな部隊を駐留させ、アフガン政府を存続させるチャンスはあったとの認識も示した。

 中央軍は中東やアフガンなどを担当。マッケンジー氏は米軍が撤収…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集