特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

IAEA派遣団、キーウ到着 原発施設の損傷状況の調査などを予定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ国旗=ゲッティ
ウクライナ国旗=ゲッティ

 ロシアに占拠され、砲撃が相次いでいるウクライナ南部ザポロジエ原発の安全確保のため、現場入りを目指す国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長ら専門家十数人の派遣団が29日夜(日本時間30日未明)、首都キーウ(キエフ)に到着した。共同通信記者がホテルで確認した。

 IAEAは29日の声明で、派遣団は今週に現地入りした後、原発施設の損傷状況や安全システムの機能、制御室の職員の労働環境を調査するほか、核物質が平和的な目的にのみ使われていることを確認する措置を取ると表明した。

 また、ウクライナ側からは、原発は安全システムが稼働し続けており、放射線量の上昇は見られないとの報告を受けたが、砲撃による被害の詳細は把握していないと伝えられたとした。

 欧州最大のザポロジエ原発は連日、砲撃にさらされており、IAEAは28日、原子炉から約100メートルにある廃棄物の管理や水処理などを担う建物が被弾したと発表した。重大事故を招きかねないと懸念されている。

 …

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文601文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集