特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン復権を許した、アフガン指導者の「腐敗と思い込み」 米識者

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米シンクタンク「ブルッキングス研究所」のバンダ・フェルバブブラウン上級研究員=同研究所提供
米シンクタンク「ブルッキングス研究所」のバンダ・フェルバブブラウン上級研究員=同研究所提供

 米軍がアフガニスタンから撤収し、米同時多発テロ(2001年9月11日)に端を発したアフガン戦争が終結してから30日で1年となった。約20年に及んだ米史上最長の戦争は結局、イスラム主義組織タリバンが復権し、アフガンから12万人以上が脱出するなど混乱の中で幕が閉じた。米国のアフガン政策の評価や今後の課題を米日の識者に聞いた。

 第2回は、国際紛争やテロリズムなどが専門の米シンクタンク「ブルッキングス研究所」上席研究員、バンダ・フェルバブブラウン氏。【聞き手・ワシントン鈴木一生】

 アフガニスタン戦争が、ガニ政権の崩壊とともにイスラム主義組織タリバンの復権を許して幕引きとなったのは悲惨な結果だった。しかし、駐留米軍を撤収させて戦争を終結させるというバイデン米大統領の決断は正しかった。

 米軍の撤収作業の進展とともに各地で支配地域を拡大したタリバンが2021年8月、首都カブールに侵攻する構えを見せると、アフガン政府軍はほとんど戦うことなく雲散霧消した。この結果は、アフガンの政治的指導者らの長年の腐敗が露呈したものだ。

 指導者らは米国など国際社会からの巨額の軍事的・人道的支援で私腹を肥やし、自身の派閥の人間ばかりを重用していた…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1776文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集