特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

ウクライナ、南部地域の奪還に向け攻撃本格化(8月30日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア軍の攻撃で破壊された家の前に立つ人々=ウクライナのミコライウ州で、2022年8月29日、ロイター
ロシア軍の攻撃で破壊された家の前に立つ人々=ウクライナのミコライウ州で、2022年8月29日、ロイター

 ウクライナ軍の報道官は、ロシア軍が占領している南部地域の奪還に向けて、本格的な攻撃を開始したと発表した。一方、ロシア軍が占拠しているウクライナ南部のザポロジエ原発周辺で砲撃が相次いでいることに関して、米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は「原子炉の運転の一時停止が最も安全」と強調。同原発の安全確保に向け、国際原子力機関(IAEA)の視察団が、ウクライナに向け出発した。日本時間30日の動きを中心にまとめた。【デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1360文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集