特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

日本とアフガンは何が同じか 佐藤和孝さんが語った戦場を報じる意味

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
40年以上のアフガニスタン取材経験を元にした自著「タリバンの眼」について語る佐藤和孝さん=東京都杉並区で、春増翔太撮影
40年以上のアフガニスタン取材経験を元にした自著「タリバンの眼」について語る佐藤和孝さん=東京都杉並区で、春増翔太撮影

 アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが復権して15日で1年。世界各地の戦地を取材し続けてきた独立系通信社「ジャパンプレス」代表の佐藤和孝さん(66)は昨年末「タリバンの眼」(PHP新書)を出版した。日本にいると理解しにくいタリバンや、その政権下で暮らす人の文化・思考を、アフガニスタンで40年以上続けた取材を基に平易な文章で解く。出版記念イベントでは、繰り返される戦争や紛争の現場を報じることの意味を語った。【春増翔太】

 本は、タリバンとは何か、という問いかけから始まる。過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織「アルカイダ」、そして1996年から続いた第一次タリバン政権と何が違うのか。佐藤さんは80年に初めてアフガニスタンを訪れて以来、その時々に対立する勢力の双方への取材を続けてきた。タリバン幹部にも通じ、米国が支援した北部同盟にも同行した。文中では、具体的な経験を元に歴史や政治的背景を引いて問いかけに答え…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1138文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集