前議長のパワハラ・セクハラ、市が証拠を公表 千葉・市原

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岡泉議員が女性職員に送った手紙。「守護天使になりたかった」などと記されている=2022年8月30日午後6時45分、柴田智弘撮影
岡泉議員が女性職員に送った手紙。「守護天使になりたかった」などと記されている=2022年8月30日午後6時45分、柴田智弘撮影

 千葉県市原市議会前議長の岡泉議員(56)が複数の市職員にパワハラやセクハラを繰り返していた問題で、市ハラスメント防止対策委員会(委員長=清宮宏之副市長)は30日、岡氏が被害者の女性職員に送った手紙などを公表した。同委員会は7月、岡氏が4人の市職員にハラスメントをしたとする報告書を市議会の田尻貢議長に提出。しかし、岡氏がその後、報道機関の取材で疑惑を否定したり、被害女性の特定につながる情報をブログに書き込んだりしたため、被害者の同意を得…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

あわせて読みたい

ニュース特集