脳内に蓄積する異常たんぱく質を可視化 日本の研究チームが発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多系統萎縮症患者で、αシヌクレインの蓄積(白矢印部分)を可視化した画像。上段は脳深部、中段は脳幹、下段は小脳を示す。赤矢印はαシヌクレインとは無関係な蓄積=量子科学技術研究開発機構提供
多系統萎縮症患者で、αシヌクレインの蓄積(白矢印部分)を可視化した画像。上段は脳深部、中段は脳幹、下段は小脳を示す。赤矢印はαシヌクレインとは無関係な蓄積=量子科学技術研究開発機構提供

 脳内に蓄積し、運動機能や自律神経機能に障害をもたらすとみられる異常なたんぱく質を、陽電子放射断層撮影(PET)で可視化できる薬剤を開発したと、量子科学技術研究開発機構・量子医科学研究所(千葉市)などの研究チームが31日、米医学誌ムーブメント・ディスオーダーズに発表した。

 このたんぱく質を可視化できたのは、世界で初めて。早期診断や、治療薬の開発に役立つことが期待される。

 異常なたんぱく質は「アルファ(α)シヌクレイン」。脳内の神経細胞などを壊すことでパーキンソン病やレビー小体型認知症、運動機能や自律神経機能に障害をもたらす「多系統萎縮症」の原因と考えられている。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文832文字)

あわせて読みたい

ニュース特集