夏の甲子園で「世紀の落球」 元開星中堅手「野球、今も好き」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2010年夏の甲子園。本田さんの捕球ミスは「世紀の落球」と言われた=阪神甲子園球場で2010年8月11日、竹内紀臣撮影
2010年夏の甲子園。本田さんの捕球ミスは「世紀の落球」と言われた=阪神甲子園球場で2010年8月11日、竹内紀臣撮影

 仙台育英(宮城)の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。全国の高校球児憧れの大舞台で「世紀の落球」をした人がいる。松江市の会社員、本田紘章(ひろあき)さん(29)。2010年、開星(松江市)の中堅手として夏の甲子園に出場。九回表2死で平凡なフライを捕球できず、チームは逆転負けを喫した。「あの落球があったからこそ、今の自分がある」。苦い経験を糧に、現在も故郷で野球を楽しんでいる。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1579文字)

あわせて読みたい

ニュース特集