特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

論点

戦争と平和 核と日本人

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシアによるウクライナ侵攻では、ロシアが核兵器の使用を示唆したことに加え、原子力発電所が実際に攻撃された。唯一の戦争被爆国で、かつ国内に多数の原発を抱える日本では、核戦争への不安と原発廃止を求める声が上がる。この危機に我々はどう向き合うべきなのか。「核と日本人」について各方面の考えを聞いた。

丁寧に対話を重ね信頼醸成 秋山信将 一橋大国際・公共政策大学院長

 ロシアのウクライナ侵攻で、核兵器の使用がリアリティーを持つようになった。ロシアは核兵器使用について「国家存亡の危機になれば可能だ」とした。

この記事は有料記事です。

残り4219文字(全文4468文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集