特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

米国防長官「犠牲への疑問も理解」 アフガン戦争終結から1年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オースティン米国防長官=2022年7月20日、AP
オースティン米国防長官=2022年7月20日、AP

 米国のオースティン国防長官は30日、米同時多発テロに端を発して約20年に及んだアフガニスタン戦争の終結から1年となったことに合わせ、声明を発表した。テロの脅威から市民を守るために引き続き努力する必要性を強調する一方で、「戦争のコストや犠牲の意味について多くの人々が厳しい疑問を抱いていることを理解している」とした。アフガン戦争に関して世論が二分されていることを意識した文言だ。

 声明は、国際テロ組織アルカイダのテロリストがテロを実行できたのは、イスラム主義組織タリバンがアフガンで安全な避難場所を提供していたからだと指摘し、「自衛のためにアフガンに侵攻した」と説明した。テロ対策を今後も続けていくとし、「国民の安全を守るという米国の決意を誰も疑ってはならない」と表明した。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文693文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集