特集

西武

プロ野球・埼玉西武ライオンズの特集サイトです。

特集一覧

西武・森友哉、「手応え完璧」の通算100本塁打 捕手でも好投演出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【西武-日本ハム】四回裏西武無死、森が右中間に通算100本塁打を放つ=ベルーナドームで2022年8月30日
【西武-日本ハム】四回裏西武無死、森が右中間に通算100本塁打を放つ=ベルーナドームで2022年8月30日

○西武3―1日本ハム●(30日・ベルーナドーム)

 節目の一発でチームを首位に押し上げた。西武の3番・森友哉がプロ野球史上306人目の通算100本塁打を放った。

 1―1の同点に追い付かれて迎えた四回。日本ハムの先発・上沢直之が投じた8球目、140キロ超のフォークを捉えると、打球は高い軌道を描いて右中間のスタンドに飛び込んだ。

 今季6号ソロで大台に到達し、森は「手応えは完璧でした。プロに入ってから積み重ねてきた100号なので、うれしいです」。ベンチ総出の祝福を受け、観客に一礼しながら記念のボードを掲げた。この回は5番の呉念庭も右越えの4号ソロで続き、そのまま2点差を守り抜いた。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文529文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集