特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

中村文則の書斎のつぶやき

さらされる右派政治家の正体

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中村文則さん=本人提供
中村文則さん=本人提供

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家の関わりについて、関係を絶つと言えない人は、主に三つの理由があるのかもしれない。

(1)まだ付き合いたいケース。政治家としてふさわしくないので、議員辞職して欲しい。

(2)弱みを握られているケース。無償の私設秘書として、旧統一教会の信者の人達が政界に入り込んでいるというから、十分あり得る。そんな政治家に政治は任せられないので、この場合も議員辞職して欲しい。

(3)軽度の(強度かもしれないが)マインドコントロール下にあるケース。マインドコントロールは一度かなり調べたことがあり、複雑なものだ。信者になっていなくても、選挙活動を熱心にしてくれる彼らに情が移ることも、コントロールの始まりになる。地獄に落ちるなどという言葉は、繰り返し聞けば無意識にも入り込んでいく。こういうケースは、議員である資格を一時停止し、各党でカウンセリング体制をつくり、洗脳が解けるまで…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1514文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集