特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア軍砲撃でザポロジエ原発1基停止 IAEA視察団、遅れて到着

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ザポロジエ原発へ向かうため、ホテルを出るIAEAのグロッシ事務局長(中央)ら=ウクライナ・ザポロジエで1日、ロイター共同
ザポロジエ原発へ向かうため、ホテルを出るIAEAのグロッシ事務局長(中央)ら=ウクライナ・ザポロジエで1日、ロイター共同

 ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは1日、ロシア軍の制圧下にあるウクライナ南部のザポロジエ原発の敷地内で露軍の砲撃があり、緊急保護システムが作動し稼働中の原子炉2基のうち1基が停止したと発表した。残る1基で同原発に必要な電力をまかなっているという。国際原子力機関(IAEA)の視察団は1日、予定より遅れて同原発に到着した。ロイター通信が報じた。

 地元当局などによると、砲撃が相次ぐ同原発周辺では1日未明から戦闘が続いている。視察団が安全対策を講じるための調査を予定通り実施できるかが注目される。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文612文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集