丹後の空気を日本舞踊に 花柳凛さん、静御前など題材に来月新作公演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京丹後公演の抱負を語る花柳凛さん=京都府京丹後市役所で2022年8月25日午前10時35分、塩田敏夫撮影
京丹後公演の抱負を語る花柳凛さん=京都府京丹後市役所で2022年8月25日午前10時35分、塩田敏夫撮影

 日本舞踊家の花柳凛さん(32)が京都府京丹後市役所で記者会見し、第1回京丹後公演を10月23日に府丹後文化会館(同市峰山町)で開催すると発表した。丹後ゆかりの静御前や細川ガラシャらを題材に新作舞踊を披露する。6月から同市内で家を借り、脚本を書いているといい、「丹後の空気を感じながら構想を練っています。稽古(けいこ)も丹後でしたい」と意気込みを語った。

 花柳さんは、曽祖母の花柳寿花さんの時代から続く舞踊家の家系に生まれた。2歳で初舞台を踏み、21歳で師範となった。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文651文字)

あわせて読みたい

ニュース特集