連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

100%じゃなきゃ申し訳ない 通訳を引退、戸田奈津子さんの映画人生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える字幕翻訳家の戸田奈津子さん=東京都渋谷区で2022年8月1日、内藤絵美撮影
インタビューに答える字幕翻訳家の戸田奈津子さん=東京都渋谷区で2022年8月1日、内藤絵美撮影

 1500本以上の映画の字幕翻訳を手掛けながら、来日したハリウッドスターの通訳をしてきた戸田奈津子さん(86)が大きな転機を迎えた。7月、通訳の引退を表明したのだ。半生を振り返りながら、決断に至る胸の内を語ってくれた。

 お会いしたのは、強い日差しが降り注ぐ真夏日。戸田さんはそれをものともせず、白色のシャツとパンツ姿で爽やかに決めて現れた。背筋はシャキッと伸びている。「もうこの年ですから。80代まで通訳を続けるって聞いたことある? ないでしょ? やっぱり潮時だと思ってね」。引退について尋ねると、開口一番、戸田さんは笑いながらチャキチャキと答えた。

 一線を退くことを明かしたのは、86歳の誕生日である7月3日。字幕を手掛けたトム・クルーズさん主演の映画「トップガン マーヴェリック」の関連イベントに登壇した時のことだった。「この年になって100%を欠き、即座にうまく通訳できなかったら、いつも200%の力を出す努力をしているトムに申し訳ない」。クルーズさんのビデオメッセージの通訳をしたこの日が最後の仕事となった。

 これに先立ち、映画公開に合わせて5月に来日したクルーズさんの記者会見では、いつもそばで通訳しているはずの戸田さんの姿はなかった。30年以上の付き合いになるクルーズさんには、その1カ月前にメールで引退を報告。彼には「もう一度やってほしい」と慰留されたが、戸田さんの決心の固さを知ると納得してくれたという。「通訳はその場ですぐ反応することを要求される。翻訳とは全くスピード感が違います。やっぱり年を取ると、いろいろと衰えていくでしょ? ドジをする前に辞めた方がいいと思ったの」

この記事は有料記事です。

残り2096文字(全文2791文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集