ギャンブル依存症、深刻になる前に 明石市が相談窓口 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 明石市は1日、ギャンブル問題の相談窓口を市民相談室に開設した。また、毎月第2木曜、全国ギャンブル依存症家族の会のメンバーを相談員に招いて専門相談を実施する。午後1~4時。1組60分以内。市内在住、在勤、在学の本人または家族が対象。

 ギャンブル依存症が疑われる人の割合は2.2%という全国調査(202…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

ニュース特集