フェンシング「加納虹輝杯」 岩国工高出身 五輪金メダリストの冠大会初開催 栄光たたえ若手育成 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジュニア男子の優勝選手との記念撮影に応じる加納選手(右)
ジュニア男子の優勝選手との記念撮影に応じる加納選手(右)

 岩国工高出身で、東京オリンピックフェンシング男子エペ団体金メダリストの加納虹輝選手(24)の名を冠した大会「加納虹輝杯ジュニア・カデ・エペ・ランキングマッチ」が8月27、28日、岩国市総合体育館であった。加納選手と日本代表の山田優選手(28)によるエキシビションマッチもあり、全国トップクラスの若手選手たちが金メダリスト対決を堪能した。【大山典男】

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文601文字)

あわせて読みたい

ニュース特集