特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

「正直者が罰を受けかねない」 自民調査に不満噴出 旧統一教会問題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧統一教会などとの関係を巡り、自民党が所属議員に調査報告を求めた通知=自民党本部で2022年9月2日、高本耕太撮影
旧統一教会などとの関係を巡り、自民党が所属議員に調査報告を求めた通知=自民党本部で2022年9月2日、高本耕太撮影

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)や関連団体との関係を巡り、自民党が党所属議員に求めた調査報告は2日、回答期限を迎えた。党執行部は結果を集計し、公表する予定だが、多くの議員事務所から「正直に報告した者が罰を受けかねない」との不満が噴出。自己申告の調査で全容解明につながるか疑問符が付いている。

 自民党は当初、6日にも調査報告の集計結果を公表する予定だったが「あいまいな記述が多く、確認作業が発生している。報告の再提出を求めている議員もいる」(幹部)ため、延期すると明らかにした。来週中の公表を目指す。

 党は8月26日、党所属の全国会議員に対し、旧統一教会や関連団体との関係の点検結果を報告するよう茂木敏充幹事長名で通知を出した。具体的には、会合への祝電・メッセージの送付▽広報誌などへのインタビューや対談記事の掲載▽会合への出席▽寄付やパーティー券収入▽選挙支援の受け入れ――などについて、頻度や日付、金額など詳しい報告を求めた。

 茂木氏は31日の記者会見で「(党の)調査ではない。…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1088文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集