給付型奨学金 中間所得層の理系学生にも 24年度から 文科省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
霞が関の官庁街に建つ文部科学省(左奥)=東京都千代田区で2020年11月11日午後3時26分、大久保昂撮影
霞が関の官庁街に建つ文部科学省(左奥)=東京都千代田区で2020年11月11日午後3時26分、大久保昂撮影

 文部科学省は2日、デジタル人材などの育成強化を目指し、大学で理系を専攻する学生を5割に引き上げるための工程表を明らかにした。2024年度に給付型奨学金の対象を中間所得層の理系学生などに拡大。理工系学部の新設などの学部再編についても23年度以降、財政支援を始めるとしている。

 政府の「教育未来創造会議」(議長・岸田文雄首相)が5月にまとめた1次提言では、理系学生を現在の35%から経済協力開発機構(OECD)加盟国では最高水準の50%程度に引き上げる目標を掲げている…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

あわせて読みたい

ニュース特集