福井のかみつきイルカは「神の使い」の「すずちゃん」?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石川県珠洲市三崎町寺家付近の海でジャンプするすずちゃん=2020年8月(出村正幸さん提供)
石川県珠洲市三崎町寺家付近の海でジャンプするすずちゃん=2020年8月(出村正幸さん提供)

 福井の「カミツキイルカ」は石川・能登半島の「カミノツカイ」なのか――。福井市の海水浴場で7~8月、野生イルカが海水浴客をかむなどの被害が相次いだが、そのイルカが、2020年から今年春まで石川県珠洲(すず)市で目撃され、「神の使い」として人気を集めた「すずちゃん」と同一個体である可能性を指摘する声が上がっている。本当に同じイルカなのか。関係者を取材した。

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1839文字)

あわせて読みたい

ニュース特集