特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

バイデン米政権に「嫌がらせ」 首都に移民を送り込む共和党知事

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米南部テキサス州から首都ワシントンの玄関口「ユニオン・ステーション」前にバスで送られてきた中南米の移民ら=2022年8月26日午前6時19分、鈴木一生撮影
米南部テキサス州から首都ワシントンの玄関口「ユニオン・ステーション」前にバスで送られてきた中南米の移民ら=2022年8月26日午前6時19分、鈴木一生撮影

 連邦上下両院選や州知事選などが一斉に実施される米中間選挙(11月8日投開票)まで約2カ月に迫った。争点になりうる米社会の問題を現場から報告する。

 米連邦議会議事堂のすぐそばにある首都ワシントンの玄関口「ユニオン・ステーション」。8月26日午前6時過ぎ、夜明け前のまだ薄暗い中、3台の大型バスが駅前の通りに止まった。続々と降りてきたのは、中南米からの移民約140人だ。

 「長い道のりだった。ほとんど何も食べていない」。数週間前に米国を目指してニカラグアをたったジーンズ・モレノさん(30)は、疲れ切った表情でつぶやいた。メキシコ国境沿いの米南部テキサス州デルリオで一時保護された後、バスに乗り込んだのは24日午後。約2800キロの道のりを車中泊でたどり着いた。ここから再びバスを乗り継ぎ、東部ニューヨークの親戚宅に身を寄せようと考えている。

バスはテキサス…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1786文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集