特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

AOKI前会長ら幹部3人、贈賄容疑認める「コンサル料は賄賂」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青木拡憲容疑者=AOKIホールディングスのホームページから
青木拡憲容疑者=AOKIホールディングスのホームページから

 東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、贈賄容疑で逮捕された紳士服大手「AOKIホールディングス(HD)」前会長の青木拡憲(ひろのり)容疑者(83)ら同社幹部3人が東京地検特捜部の調べに容疑を認めていることが関係者への取材で判明した。大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=にコンサルタント料として提供した資金の賄賂性を認める供述をしているという。

 特捜部は青木前会長の他に、前会長の弟で同社前副会長の青木宝久(たかひさ)(76)、同社専務執行役員の上田雄久(かつひさ)(40)の2容疑者を贈賄容疑で逮捕している。元理事はAOKIHD側からスポンサー選定やライセンス商品の製造・販売で有利な取り計らいを受けたいとの依頼を多数回受け、2017年10月~今年3月に計5100万円の賄賂を受け取ったとする容疑で逮捕され、AOKIHD側は贈賄罪の公訴時効(…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文749文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集