連載

蜜月・旧統一教会と自民党

旧統一教会と自民党の関係はどう築かれ、なぜ続いてきたのでしょうか。安倍晋三氏の国葬にも影を落とす蜜月ぶりに迫ります。

連載一覧

蜜月・旧統一教会と自民党

/上(その1) 安倍氏「差配」当選の鍵 「関係断絶指示と国葬、矛盾」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2021年9月、旧統一教会の関連団体が開いた集会に安倍晋三元首相が寄せたビデオメッセージ=動画サイトより
2021年9月、旧統一教会の関連団体が開いた集会に安倍晋三元首相が寄せたビデオメッセージ=動画サイトより

 長野県南部、天竜川が流れる秘境の山村、泰阜(やすおか)村。参院選から1カ月後の今年8月、新盆を迎えた「宮島家」には多くの人が集まっていた。昨年父を亡くした宮島喜文(よしふみ)・元参院議員(71)も地元に戻り、次々とお参りに訪れる来客に応対した。

 2016年の参院選比例代表で初当選した宮島氏だが、今年7月の参院選には出馬せず、1期で引退した。16年の選挙を手伝った支援者の一人と目が合うと、再会のあいさつもそこそこに、6年前当選できた経緯をそっと打ち明けた。

 「『票がちょっと足らんかもしれんで』ということで、伊達さんが間に入って話をしてくれた」

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1776文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集