梅毒感染者 2年連続で過去最多更新 気づかず放置、重大な合併症も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 性感染症の梅毒の2022年感染者数(4日まで)が全国で8155人に達し、集計が始まって以来、過去最多を更新した。最多だった21年の7875人(速報値)を上回った。年間を通じてでは1万人を超えるペースで感染者数の報告が続いており、専門家は「まん延が続けば、感染に気づかないまま重大な合併症につながるケースも増える恐れがある」と警鐘を鳴らす。

 梅毒は11年ごろから増え始め、20年にいったん減少したが、昨年再び増加し、過去最多を更新したばかりだった。全国の報告数(速報値)は、東京都感染症情報センターが8日公開した国の集計結果から判明した。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文979文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集