「国内最古の文字」正体は油性ペン 松江の遺跡で出土、誤付着か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
田和山遺跡で出土した石製品の黒い線(点線内)=岡見知紀さん撮影
田和山遺跡で出土した石製品の黒い線(点線内)=岡見知紀さん撮影

 松江市の田和山遺跡で出土した弥生時代中期後半(紀元前後)の石製品の「国内最古の文字」説がある黒い線について、岡見知紀・奈良県立橿原考古学研究所主任研究員らが、ラマン分光分析で、油性ペンのインクだったと結論づけていたことが8日分かった。遺物整理の際に誤って付いた可能性があるという。10日に千葉大(千葉市)で開かれる日本文化財科学会で発表する。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文899文字)

あわせて読みたい

ニュース特集