石木ダム建設巡り話し合い 住民と知事、またも平行線 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県が川棚町に建設を進める石木ダムを巡り、大石賢吾知事とダム建設に反対する水没予定地に暮らす13世帯の住民の話し合いが7日夜、同町東部地区コミュニティーセンターであった。治水、利水両面からダムは必要とする基本姿勢を示す大石知事に対し、住民はダム建設を前提とした話し合いに意味はないと反発。やり取りは平行線をたどったが、今後も話し合いの場を持つことでは一致した。

 8月10日に面会した際に出た住民の意見、疑問に答えるために開き、約20人が参加した。県と住民が交わした覚書を守らずに工事を進めている▽ダム検証の審議の場で住民の意見を聞かない――などの住民の意見に対し、大石知事は「(ダム建設に理解を得た水没予定地住民の)8割の方々の思いを受け止める必要がある」「審議の構成は関係自治体である県、佐世保市、川棚町、波佐見町の4者が対象」と回答した。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文513文字)

あわせて読みたい

ニュース特集