NHKの河瀬直美さんの五輪番組「重大な放送倫理違反」 BPO発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
BPO放送倫理検証委の委員ら。奥が小町谷育子委員長=東京都千代田区で4月8日、松原由佳撮影
BPO放送倫理検証委の委員ら。奥が小町谷育子委員長=東京都千代田区で4月8日、松原由佳撮影

 NHKのBS番組「河瀬直美が見つめた東京五輪」の中で、誤った内容の字幕が放送された問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・小町谷育子弁護士)は9日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見を発表した。

 番組は東京オリンピックの公式記録映画監督の河瀬直美さんと映画製作チームに密着取材したドキュメンタリーで、昨年12月に放送された。問題となったのは、河瀬さんから依頼を受けた映画監督の島田角栄さんが、競技場の外で出会った男性にインタビューするシーン。NHKは「五…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

あわせて読みたい

ニュース特集