コロナ感染の野球部員を「菌」 同僚に暴言 滝川二高監督を解雇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 神戸市西区の滝川第二高校は9日、新型コロナウイルスに感染した部員や若手教員に暴言を吐いたとして、野球部の男性監督(52)を解雇した。

 同校の発表によると監督は4~5月、新型コロナに感染した部員に名前の後ろに「菌」を付けて呼んだほか、顧問教員2人に「教師を辞めろ」などと部員の前で叱責した。

 監督は部員に「菌」を付けて呼んだことを…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文317文字)

あわせて読みたい

ニュース特集