大津祭

国重要無形民俗文化財 早くタヌキになりたい♪ 子供らシール貼りお面作り ちま吉協議会ワークショップ /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
成安造形大の学生がデザインしたシールを貼りながら、思い思いのタヌキのお面を作る子供たち=大津市浜町の湖岸なぎさ公園で2022年9月10日午後1時49分、菅健吾撮影
成安造形大の学生がデザインしたシールを貼りながら、思い思いのタヌキのお面を作る子供たち=大津市浜町の湖岸なぎさ公園で2022年9月10日午後1時49分、菅健吾撮影

 3年ぶりに曳山巡行が実施予定の「大津祭」を前に、成安造形大などからなる「大津祭ちま吉協議会」は10、11の両日、大津市の湖岸なぎさ公園おまつり広場などで開催中の「びわ湖大津ビワコイ祭り」で大津祭と縁深いタヌキのお面を作るワークショップを開いている。

 大津祭は、タヌキの面を着けた町民の塩売治兵衛が、天孫神社(大津市京町3)の境内で風流踊りをしたことが発祥とされる。

 成安造形大の学生がデザインした「ちまタヌキ」をお面にした。10日にワークショップに参加した子供たちは、学生がデザインしたシールを貼りながら、思い思いのタヌキの面を作っていた。参加した大津市の鈴木絢也ちゃん(5)は「楽しかった。当日もお面をつけて祭りを見に行けるよう、壊さないようにしたい」。同大の田中真一郎教授は「大津祭のことを知ってもらい、郷土愛につながれば」と話した。

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文480文字)

あわせて読みたい

ニュース特集