特集

沖縄知事選2022

辺野古移設の行方を左右する沖縄知事選は9月11日投開票。復帰50年の政治決戦を通して、沖縄の今を伝えます。

特集一覧

政権側、参院選に続き再び「全県選挙」で敗北 沖縄知事選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
再選を確実にし喜ぶ玉城デニー氏(中央)=那覇市で2022年9月11日午後8時33分、喜屋武真之介撮影
再選を確実にし喜ぶ玉城デニー氏(中央)=那覇市で2022年9月11日午後8時33分、喜屋武真之介撮影

 任期満了に伴う沖縄県知事選は11日、投開票され、政府が進める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に反対する現職の玉城デニー氏(62)=立憲民主党、共産党、れいわ新選組、社民党など推薦=が再選された。自民党、公明党が推薦した前宜野湾市長の佐喜真淳氏(58)、元衆院議員の下地幹郎氏(61)との三つどもえの選挙戦を制した。

 自公政権は、7月参院選に続き沖縄の「全県選挙」で敗北を喫し、県政奪還は果たせなかった。辺野古移設は政府の対米公約で、知事選の結果にかかわらず政府は今後も計画を推進する方針。玉城デニー氏ら「オール沖縄」勢力との対立構図が今後も続くことになる。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1167文字)

【沖縄知事選2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集