連載

SPORTSかんさい+

関西のスポーツシーンを記者が深掘りします

連載一覧

SPORTSかんさい+

記者が追う! 「投手の未来」模索 未成熟な身体、故障防止へ 高校より厳しく、中学野球の投球制限

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
投手の球数を考慮しながら熱戦が続く日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)の公式戦=堺市で、伝田賢史撮影
投手の球数を考慮しながら熱戦が続く日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)の公式戦=堺市で、伝田賢史撮影

 ここ数年、春夏の甲子園で必ず話題を呼ぶのが、勝ち進んだ高校の投手の球数である。高校野球では2年前から1人につき「1週間で500球以内」の球数制限が設けられた。一人の投手が何試合もマウンドに立ち続けることは議論を呼ぶケースが多い。その中で、中学の硬式では、高校よりさらに厳しい球数制限が今季から本格導入された。背景に何があるのか、探った。

 「もっと投げたかった気持ちはないの?」。私(記者)が問いかけると、堺ビッグボーイズ(堺市)の徳井虎仁朗投手はこう言い切った。「別にないです。将来、プロ野球選手になりたいので、投げ過ぎてけがをするのは良くない」

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1875文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集