特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト村上宗隆が55号ホームラン 王貞治さんらの記録に並ぶ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-巨人】九回裏ヤクルト2死一、二塁、村上が55号本塁打を放つ=神宮球場で2022年9月13日、西夏生撮影
【ヤクルト-巨人】九回裏ヤクルト2死一、二塁、村上が55号本塁打を放つ=神宮球場で2022年9月13日、西夏生撮影

 プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が13日、巨人戦(神宮)の九回に大勢投手から今季55号となる3ランを左翼席に放った。シーズン55号はプロ野球史上5人目。1964年の王貞治(巨人)、2001年のローズ(近鉄)、02年のカブレラ(西武)が放った55本に並ぶ2位となった。

 プロ野球記録は、13年にバレンティン(ヤクルト)が記録した60本塁打。

 熊本・九州学院高からドラフト1位で18年に入団した村上は2年目に36本塁打、96打点で新人王を獲得。3年目は最高出塁率のタイトルを獲得し、昨季は39本塁打で巨人・岡本和真と並び本塁打王に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文508文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集