特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト村上宗隆、背番号「55」への誓い果たす さらなる高みへ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-巨人】九回裏ヤクルト2死一、二塁、今季55号となる3点本塁打を放ち、ボードを掲げるヤクルト・村上=神宮球場で2022年9月13日、北山夏帆撮影
【ヤクルト-巨人】九回裏ヤクルト2死一、二塁、今季55号となる3点本塁打を放ち、ボードを掲げるヤクルト・村上=神宮球場で2022年9月13日、北山夏帆撮影

 「55」。日本のプロ野球の歴史に長く刻まれてきた本塁打数に、ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が到達した。1964年に王貞治さんがマークして以来、まだ4人しかたどり着いていなかった高み。13日、巨人戦(神宮)の九回に今季55号となる3ランを左翼席に放った。

 「僕一人では達成できない。丈夫な体に生んでくれた両親、支えてくれている周りの方に感謝したい」と喜びを語った。

 ここ3試合、ノーアーチ。「最近、感覚的にも良くなかった」という。だが、四回無死、苦手な菅野智之の初球の直球を右翼席上段に54号ソロとすると、5点を追う九回2死一、二塁で打席に立った村上。巨人の抑え・大勢の2球目、外角速球を力強く振り切ると、打球は左中間席に一直線に伸びた。2本目の本塁打が55号3ラン。打球の行方を見つめて、ゆったりと走り出した村上は、球場全体からの大喝采を気持ち良さそうに浴び、記…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文986文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集