特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

安倍元首相県民葬 山口県知事「県政後押しいただいた」 意義を強調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
費用が6300万円となることなど、安倍元首相の県民葬の内容を発表する村岡嗣政知事=山口市の県庁で2022年9月13日午前11時1分、堀菜菜子撮影
費用が6300万円となることなど、安倍元首相の県民葬の内容を発表する村岡嗣政知事=山口市の県庁で2022年9月13日午前11時1分、堀菜菜子撮影

 10月15日に予定されている安倍晋三元首相の山口県民葬に関し、費用が6300万円に上ることなど詳細を発表した山口県の村岡嗣政知事。「(安倍元首相は)憲政史上最長の長きにわたり重責を果たし、県政のさまざまな面でも後押しをいただいた」と実施の意義を強調した。一方で、市民団体や県内野党などからは「賛否は分かれており税金を使うことには反対だ」といった声が上がっている。【堀菜菜子】

 県民葬は安倍元首相の地元、下関市の海峡メッセ下関であり、県や県議会、県市長会、自民党県連などでつくる「故安倍晋三先生県民葬儀委員会」と安倍家などが主催。宗教的儀式はなく献花方式で実施し、国会議員、県・市町関係者、各種団体代表者など約2000人を招待する。一般の人の献花は午後4時から午後6時まで。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1269文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集