特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

共和予備選、トランプ派勝率95% 好機と見る民主 米中間選挙

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
集会を開いたトランプ前大統領=米東部ペンシルベニア州で2022年9月3日、ゲッティ共同
集会を開いたトランプ前大統領=米東部ペンシルベニア州で2022年9月3日、ゲッティ共同

 米中間選挙は13日、11月の本選に向けて候補者を絞り込む各州の予備選(事前に予備選を実施しない南部ルイジアナ州を除く)が終わった。米紙ワシントン・ポストの集計では、共和党のトランプ前大統領が党予備選で独自に推薦した候補は210勝12敗で、「勝率」は約95%に上った。当初劣勢が伝えられた民主党は、トランプ派が本選の相手になることを「好機」とみて、巻き返しを図っている。

トランプ氏「米国を再び偉大に」

 「最も“トランプらしい”候補たちが(東部)ニューハンプシャー州で全勝した。米国を再び偉大に」。トランプ氏は14日、自身が設立したSNS(ネット交流サービス)にこう投稿し、2020年大統領選の「不正」という根拠のない主張に同調する候補らが、13日のニューハンプシャー州の党予備選で相次いで勝利したことを歓迎した。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1006文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集