特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト・村上宗隆、56号本塁打 王貞治さんら抜き

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が今季セ・リーグ最終戦の3日、東京・神宮球場で行われたDeNA戦で今季56号本塁打を放ち、歴代2位で並んでいた1964年の王貞治(巨人)、2001年のタフィー・ローズ(近鉄)、02年のアレックス・カブレラ(西武)が放った55本を超えた。プロ野球記録は13年にウラディミール・バレンティン(ヤクルト)がマークした60本塁打。

 熊本・九州学院高からドラフト1位で18年に入団した村上は2年目に36本塁打、96打点で新人王を獲得。昨季は39本塁打で本塁打王に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文515文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集