コロナ下で主要企業の半数で転勤制度見直しの動き 毎日新聞アンケ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナでリモートワークが普及し、転居を伴う転勤のあり方にも影響し始めている=東京都内で
新型コロナでリモートワークが普及し、転居を伴う転勤のあり方にも影響し始めている=東京都内で

 国内の主要企業で転勤制度を見直す動きが広がっている。毎日新聞のアンケートで半数近くの企業が見直したり、検討したりしていると回答した。新型コロナウイルスの感染拡大で、在宅勤務を含むリモートワークが浸透し、勤務場所に縛られない働き方が定着しつつある。通勤圏外の居住を認める「遠隔地勤務制度」が新たな勤務形態として企業の間で注目されるなど、旧来の日本型雇用から大きく形を変えている。

 アンケートは6月初旬から7月初旬にかけ、鉄鋼や電機、自動車、金融など国内を代表する主要企業126社を対象に実施。先日掲載した障害者雇用の状況とともに、転勤など働き方についても尋ね、104社が回答した。

 転居を伴う転勤制度は回答した全社にあった。新型コロナが国内で確認された2020年1月以降の転勤制度の見直し状況を尋ねたところ、NTTやJTB、三菱電機など12社が「見直した」と回答。34社が「検討中」と答え、合わせると46社に上り、全体の約44%を占めた。

 …

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1889文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集