連載

21世紀dotank発

毎日新聞デジタルの「21世紀dotank発」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

21世紀dotank発

AIが問うもの /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <行動するシンクタンク>

 最近、イラストや絵画の画像を自動で生成してくれるAI(人工知能)が話題となっている。その多くが、人間が指定した言葉に基づいて自動で絵を描いてくれるというもので、いわばAIアーティストだ。

 これまでもAIに絵を描かせるという取り組みは行われてきたが、数年前までのAIの作品は構図が破綻していたり、人間のパーツがバラバラに描かれてしまったりと、実験的なものに過ぎなかった。しかし、話題となっているAIの作品は、AIが描いたと言われなければ、画家やイラストレーターの作品だと疑わないほどのものであり、ゲームなどの制作物に使われるくらい実用的なものだ。アメリカではAIが描いた作品が美術コンテストで優勝するという事態まで起き、技術の向上が広く知れ渡ることとなる一方で、AIの作品を人間の作品と同様に扱うべきかどうかで物議を醸している。

 このようなAIの進歩は著しく、既に我々の生活にも深く関わり始めている。身近な例では、スマートフォンや生活家電などだが、仕事の面でもAIが人間の代替を担うケースも増えてきた。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文983文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集