特集

世論調査

毎日新聞の全国世論調査をはじめ、各種世論調査の結果と記事を特集します。

特集一覧

支持率、危険水域に 政府・与党「耐えるしか」 来春統一選へ懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で
自民党本部=東京都千代田区で

 毎日新聞と社会調査研究センターが17、18両日に実施した全国世論調査で、内閣支持率は「危険水域」とされる20%台まで落ち込んだ。自民党の国会議員と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との根深い関係が相次いで判明したことや、安倍晋三元首相の国葬への反対論が強いことが影響したとみられる。政府・与党は危機感を強めるが政権浮揚への特効薬はなく、「今は耐え忍ぶしかない」といった声が相次いだ。

 岸田文雄首相の周辺は18日、内閣支持率の下落について「世論調査の数字に一喜一憂せず、やることをやるしかない」と話し、今後まとめる総合経済対策や外交に力を入れて国民の理解を得たいとの考えを示した。閣僚の一人は「来春の統一地方選への影響が心配だ」と漏らした。

 別の閣僚は、旧統一教会問題を巡る自民党調査の着手の遅れや「自主点検」となったことが非難されていること、安倍氏の国葬実施に十分な事前説明がなかったことを挙げ「首相官邸と自民党との連携がどこまで取れているのか不安だ」と語った。政府関係者は「旧統一教会問題と国葬、原因はそれしかない。今は何をやっても批判されてしまう」と指摘。別の関係者は「首相の策は後追い、後手が目立つ」と述べた。

 自民党内にも厳しい受け止めが広がる。…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文1051文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集