天皇陛下、エリザベス女王国葬でノーマスク コロナ下、行事では初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
エリザベス女王の葬儀に参列される天皇、皇后両陛下=ロンドンで2022年9月19日、AP 拡大
エリザベス女王の葬儀に参列される天皇、皇后両陛下=ロンドンで2022年9月19日、AP

 英国ロンドンのウェストミンスター寺院で19日に執り行われたエリザベス女王の国葬に、天皇、皇后両陛下はマスクをせずに参列された。新型コロナウイルス対策を徹底するため、国内での行事などにはマスクをつけて参加するのがこれまでの陛下のスタイルだった。ただ、英国ではすでに「ノーマスク」が定着し、ほかの参列者もマスクを着用しないことが想定されたため、今回の判断となったとみられる。

 陛下は日本時間の17日午前に政府専用機で羽田空港から出発。羽田空港では白色のマスクをつけていたが、ロンドンに到着した際、マスクは黒色に変わっていた。

 黒色マスクについて宮内庁関係者は「英女王の夫フィリップ殿下の葬儀を参考にしたのでは」と推測する。殿下が亡くなったのは2021年4月のことで、英国でもマスク着用が強く求められた時期だった。葬儀では参列者は黒色マスクをしていた。

 一方、白色マスクは海外では「病人」のイメージが強いことに配慮したとの声もあった。

 両陛下は空港から宿泊先のロンドンのホテル「クラリッジズ」に到着した際も黒色マスクをつけていた。

 ただ、18日午後に行われたチャールズ国王主催のレセプションと、女王のひつぎに拝礼する「正装安置」では、マスクを外して臨む陛下の姿があった。新型コロナの感染拡大以降、大勢の人が集まる行事などで陛下がマスクを外すのは初めてのことだった。

 実際、ロンドンではマスクをしている人を見かけることはほとんどなく、日本との温度差は大きい。

ロンドンの名門ホテル「クラリッジズ」=2022年9月18日、高島博之撮影 拡大
ロンドンの名門ホテル「クラリッジズ」=2022年9月18日、高島博之撮影

 クラリッジズでは両陛下が出入りする際、従業員はマスクをつけて応対していた。両陛下を警護する現地の警備関係者も同様だ。宮内庁があらかじめ、ホテルなどに両陛下のマスク着用を伝えていたことを受けての対応とみられる。

 しかし、陛下がホテルから出てしまうと、いずれも一斉にマスクを外す姿がみられた。「やれやれ」という仕草をしながらマスクをしまう従業員もいた。

 英国と日本では感染状況が大きく異なるため、両陛下は今後も国内では当面、マスクを着用するとみられる。

 宮内庁関係者は「国葬では、両陛下だけマスクをすることで他の参列者と違う印象を与えることは避けたかった。今後もコロナ対策を徹底する」と話した。【ロンドン高島博之】

あわせて読みたい

ニュース特集