連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

小日向星一、串田十二夜 「スカパン」で共演 ともに父と同じ舞台に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小日向星一(左)と串田十二夜=東京都千代田区で2022年8月16日、三浦研吾撮影
小日向星一(左)と串田十二夜=東京都千代田区で2022年8月16日、三浦研吾撮影

 モリエールの喜劇を串田和美が潤色、演出、主演する舞台「スカパン」が30日~10月10日、まつもと市民芸術館(長野県松本市)などで上演される。かつて主宰した「オンシアター自由劇場」のメンバーの小日向文世らも出演する中、それぞれの息子たち、串田十二夜(じゅうにや)と小日向星一が父たちと共演する。

 20代の二人は俳優としての道を歩み始めたばかり。十二夜が「父は稽古(けいこ)中、ワクワクすることをポツンポツンと垂らしてくれる。自分がダメな時は何も言ってくれないので、なんとか『いいね』と声をかけてもらえるよう、がんばりたい」と話せば、星一は「初めて父と一緒の舞台に立てるだけでなく、父も母も自由劇場に所属していたので、何よりも串田さんの作品に出られてうれしい」と喜ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2127文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集