特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」 国宝89件、魅力再発見 創立150年、初の試み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国宝「埴輪 挂甲の武人」群馬県太田市飯塚町出土 古墳時代・6世紀(通期展示)=東京国立博物館蔵
国宝「埴輪 挂甲の武人」群馬県太田市飯塚町出土 古墳時代・6世紀(通期展示)=東京国立博物館蔵

 東京国立博物館創立150年記念特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」が10月18日から東京・上野の東京国立博物館で始まる。同館が所蔵する国宝89件すべてを公開し、名品や関連資料でその歴史を紹介する。同展は毎日新聞創刊150年企画として開催される。本展の見どころを佐藤寛介・同館列品管理課登録室長が解説する。

 東京国立博物館(東博)は、2022(令和4)年に創立150年を迎えました。1872(明治5)年の湯島聖堂博覧会を機に発足して以来、日本を代表する博物館として、我が国の文化を未来へ伝え、世界とつなぐ役割を果たしてきました。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1656文字)

あわせて読みたい

ニュース特集