民団の徳島県地方本部に脅迫文か 事件の可能性 県警が捜査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
徳島県警本部=岩本桜撮影
徳島県警本部=岩本桜撮影

 徳島県小松島市の在日本大韓民国民団(民団)徳島県地方本部に、脅迫文とみられる封書が届いていたことが20日、関係者への取材で分かった。反日政策をやめなければ銃撃するといった文言が並んでいた。県警は脅迫事件の可能性もあるとみて捜査している。姜盛文団長(45)は「民団は在日コリアンの生活支援が目的であって、反日を訴えるなど偏った団体ではない。怖い」と語った。

 団長によると16日夕、団員が事務所のポストに直接投函(とうかん)された封筒を発見。A4サイズの紙に赤字で書かれた手紙1枚が入っており県警に通報した。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文453文字)

あわせて読みたい

ニュース特集