特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

企業にノルマ、受刑者説得も 兵員不足深刻でなりふり構わぬロシア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ国内でりゅう弾砲の発射準備をするロシア軍兵士の写真。ロシア国防省プレスサービスが9月10日に公開した=AP
ウクライナ国内でりゅう弾砲の発射準備をするロシア軍兵士の写真。ロシア国防省プレスサービスが9月10日に公開した=AP

 ウクライナへの軍事侵攻開始からまもなく7カ月となるのを前に、ロシアのプーチン大統領は21日、予備役招集を柱とした部分的な動員令を発動した。23日からはウクライナ国内の占領地域でロシアへの編入の是非を問う「住民投票」を強行し、自国領に組み込む構えだ。さまざまな手段を駆使して軍事的な苦境から脱することを狙うが、思惑通りに進むのかは不透明だ。

国民反発を危惧、総動員令は回避

 世界最大の国土を誇るロシアの国内では最大10時間の時差がある。プーチン政権はより多くの国民が視聴することを狙い、西部に位置するモスクワ時間の午前9時という異例の時間帯に演説の放送を始めた。

 「祖国の主権と領土の統一性を守り、我々の国民や(ウクライナ国内で)解放された地域の人々の安全を確保するためだ」。プーチン氏はウクライナで続ける「特別軍事作戦」に関して部分的な動員令の発動を表明し、「人道的な理由」を第一に挙げた。

 そのうえで招集対象は予備役が中心となり「明確に軍の専門家であり、関連した経験を持つ国民だ」と指摘。今回の措置が従軍経験のない若者らには及ばない点を強調した。

 ロシア国防省は3月下旬に1351人の死者が出たと発表して以降、死者数の公表を避けてきた。だがプーチン氏の演説後にテレビ出演したショイグ国防相は、これまでで5937人になったと明らかにした。ウクライナ側はロシア軍の死者を5万4800人超と推計しており、実際にはロシアの公式…

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文3052文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集