連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

コロナ下の女性外来で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
産婦人科医の対馬ルリ子さん(左)=本人提供
産婦人科医の対馬ルリ子さん(左)=本人提供

 東京・銀座の女性総合外来。産婦人科医の対馬ルリ子さん(64)は患者に語りかけた。「あなたは悪くない」。初めて新型コロナの緊急事態宣言が発令された2020年4月から、一時的に避難が必要な人たちのためにクリニックの病室を「シェルター」として開放している。

 当時、外出自粛で女性や子供への暴力が深刻化するリスクが懸念されていた。対馬さんは、人出が減った繁華街で空きビルに連…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集