「教員過失相殺は不当」 那須雪崩公判、原告側が反論 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 那須町の茶臼岳で2017年3月、県立大田原高校の生徒ら計8人が死亡した雪崩事故で一部の遺族が県と引率教諭3人、県高等学校体育連盟(県高体連)に計約3億8500万円の損害賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が21日、宇都宮地裁(浅岡千香子裁判長)であった。前回の口頭弁論で、県側が亡くなった教員の毛塚優甫さん(当時29歳)は生徒の安全を守る立場にあったとして主張した過失相殺について、原告側が「認めるべき…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集