「いらない物 活躍させる」 「地球に優しい」古民家カフェ 愛知・常滑 生ごみ乾燥させ肥料化 /岐阜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
愛知県常滑市で古民家カフェ「imawo」を営む奥原千純さん
愛知県常滑市で古民家カフェ「imawo」を営む奥原千純さん

不要テーブル譲り受け

 愛知県常滑市で古民家を改装してオープンしたカフェ「imawo」が目指すのは、ごみゼロや不用品再利用など「地球に優しい店」だ。店主奥原千純さん(29)は「いらない物を集めて活躍させられる空間にしたい」と話す。

 古い物を直して使うことに関心があった奥原さん。長野県出身で、愛知県の大学を卒業後、岐阜県で教員として働いた。だが、定年まで雇われて働くことに不安を感じ、5年ほど前にウェブデザイナーとして独立した。

 夢だった古民家改装を「若いうちにやってみたい」と思い立ち、パソコン作業ができるカフェを開こうと計画。近年空き家が増えていると聞いた常滑を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文655文字)

あわせて読みたい

ニュース特集