特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

安倍氏の国葬「最後まで丁寧な説明続ける」 岸田首相

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相 拡大
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は22日(日本時間同)、国連総会出席のため滞在中の米ニューヨークで記者会見し、27日に予定される安倍晋三元首相の国葬に対する国民の理解が広がっていない現状について「今なお説明が不十分であるという意見、批判は真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。その上で、国葬での具体的な対応などについて「最後まで丁寧な説明を続けていきたい」と語った。

 安倍氏と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を調査すべきかについては「基本的にはご本人の心の中での判断に基づくものである以上、ご本人が亡くなられた今、その実態を把握することには限界があるのではないかと申し上げてきた」と指摘。「その考えは今も変わっていない」とした。

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集